2010年04月30日

磁性シート

CoBoが薄く軽く作れた理由には、今までにかなった「磁性シート」というものを利用しているからです。

このシートは『ケミテック』という会社がオリジナルの特許製法でつくったもので、詳しくは『ケミテック」のWEBサイトをご覧ください。
ケミテック株式会社http://www.chemitech.co.jp/capsule/02_jisei.html


さて、このシートは1mm程度の薄いものなのですが続きを読む
posted by AGN at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | つかい方

2010年04月22日

ネットワーク

ほんの90分ほど前のことです。

高知の方からCoBoについてお問合せをの電話がありました。とても急いでいるご様子でした。

お父様が入院されていて、紙とペンを使っているのですが、うまく握れなくて、何を書こうとしているのか分からない、酸素マスクを外すこともできず、ご本人もご家族も、とってももどかしい思いをされている、ということなのです。

ふつうは、ヤマトのメール便でお届けするので、早くとも3日くらいかかります。速達扱いでしたら、翌日配達ですが。

続きを読む
posted by AGN at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード

2010年04月21日

ALS

昨年秋、Tさんからは、便せん二枚に書かれたお手紙でのご注文でした。

内容の詳細は避けますが、10万人に1人か2人に発症する難病「ALS〔筋委縮症側索硬化症〕」であることが分かった経緯、
そして徐々に話すことができなくなり、メモ書きやおもちゃのボードなどを使っていたそうです。

胃ろうの施術入院の時に妹さんがCoBoを持ってきてくれたそうです。

「とても嬉しくて便利に使って」頂いていたようなのですが、ちっちゃなお孫さんが遊び道具に使っているうち、シートにしわを作ってしまったので、使いづらくならないうちに、もう1台欲しいので、ということでした。続きを読む
posted by AGN at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード

2010年04月20日

ノートテイク

CoBoについている磁気ペンは、出荷前にチェックをしているのですが、何かの拍子にまぎれて、間違って出荷されてしまうことがありました。

その場合はすぐにお取り換えさせていただきますので、お申し出ください。

奈良のMさんにも、不良ペンを送ってしまい、ご迷惑をおかけしてしまいました。
ご連絡を頂けたのですぐに、代わりのものをお送りしてその後、ご丁寧にお礼の手紙を頂戴したのです。続きを読む
posted by AGN at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 要約筆記

2010年04月19日

auショップ

新宿東口オービーエム・トーキョーのauショップ様に、CoBoのご利用を頂いております。

考えてみると、CoBoのオレンジとグリーンの組み合わせって、なーんとなく、auイメージカラーに近いような気がします。

やはり、個人情報保護のために利用されているのでしょうか。

窓口にいらしたお客様が個人情報やパスワードなど、紙に書いては、その用紙がきちんと処分されているのかどうかが気になるところです。

お客様の目の前でシュレッダーにかけるところもあるようですが、環境問題やコスト削減を考えると、
「繰り返し書いては消せる」そして、「細かい文字がくっきり書ける」という特徴のCoBoはエコな商品でもあります。

全国のauショップさん、もっとCoBoを活用して下さーい。

posted by AGN at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業

2010年04月18日

デザインのちから

今日のNHK「ろうを生きる 難聴を生きる」では、
「もっと筆談に気軽に応じてくれる社会になれば、もっと私たちは暮らしやすくなるんです」
というコメントで締めくくられていました。

お母さまがCoBoを愛用して下さっているという方からのメールです。
  *********************************************
母も愛用しています。
本当に嬉しいです。

「大きな声で話されるのは恥ずかしい」いくつになってもそういうものなんですよね。

  *********************************************

よく、ありますよね、公共の窓口で、〔特に地方での郵便局ではよく見られる光景なのですが〕。続きを読む
posted by AGN at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード

2010年04月17日

ドコモショップ

まだ、CoBoの販売が始まって1年過ぎた頃だったと思います。

ドコモショップさんからのご注文がありました。それも、10台、20台とかなりな台数です。

都会のドコモショップの窓口の数は、地方に住む私達の近くにあるショップとは比較にならないくらい多いとは思っていても、それでも、リピートの台数もまた10台という単位です。

どんな使われ方をされているのだろうと、不思議に思っておりました。

ある日、あるドコモショップの担当の方からお電話での急ぎの注文を頂きました。

この時とばかり、私はお聞きしたのです。
続きを読む
posted by AGN at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業

2010年04月16日

診療室

CoBoは、病院・医院からのご注文も結構あります。

ご感想を頂きました。

「携帯しやすく、使いやすく、色もキュートです。」

この方には、オレンジをご利用頂いてます。

「内科の診察中、耳の遠い患者さんと筆談する筆談用具をずっと探していた」とのことです。

「理想にぴったりです」とまで、言って頂きました。

患者さんの不安な気持ちを「オレンジ」と「グリーン」の明るい色のCoboが、少しは和らげてくれているような気がしました。
posted by AGN at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つかい方

2010年04月15日

薬の副作用で

CoBoのお支払いには、商品に同封してある郵便振替をご利用いただくことが多く、その通信欄にご感想やら感謝のお言葉を頂戴することがよくあります。

昨年の秋、通信欄に細かい文字でビッシリと書かれておれました。

その方は、「中途失調」となったお母さまのために2台購入されたのですが、その原因が、なんと結核の薬の副作用だったらしいのです。
続きを読む
posted by AGN at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード

2010年04月14日

浴室での使用

まだCoBoを販売し始めて間もないころ、1件のメールでの相談がありました。

「補聴器を装用している子供がお風呂に入る時には、補聴器を外すので、その時に、浴室内でCoBoが使えないものでしょうか?」
というものでした。

当初から、水中とかの利用を想定して、メーカーとも話をしていたのですが、「水中での使用は、シートの性質上、無理です」とのことでした。

それでも私はあきらめきれずに、浴室で使用すれば、どのようになるのか実験をしてみました。
続きを読む
posted by AGN at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A

2010年04月13日

海のはるか彼方

携帯筆談器コミュニケーションボード〔愛称:CoBo〕が、ついに海外進出をしました。

昨年の秋、国際看護学会が南アフリカであったそうです。

そして、南アフリカのナースの手に渡ったのです。
続きを読む
posted by AGN at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード

2010年04月12日

お届け方法について

CoBoを6個ご注文の方から、お届けについての依頼がありました。
「2台ずつ、メール便で3つに分けて送ってほしい」という内容です。

普通、2台までは「ヤマトメール便」でお送りしています。これは、ポストに投函してくれるので、お留守でも受取が必要ないし、送料も安くて済むからです。
ただ、お届けまで4〜6日くらい待って頂くことになります。
また、ポスト投函のため時間指定はできませんし、ご住所やお名前の確認が取れない場合やポストに入らない場合に返品されることもあります。〔一応、返品前にはヤマトさんが電話で確認して下さっているとのことですが。〕

6台になると、「ゆうぱっく」ですので、早く届きますが、送料が高く、受取が必要です。不在の場合は、再配送の依頼をして頂かないといけません。

今回のご依頼場合、お留守がちであるため、メール便で送ってほしいとの理由ではございましたが、実は、送料もお安く済みました。

このような事情もありますので、お届けに関して不安な場合は、メールやお電話で、お気軽にお問い合わせくださいね。
posted by AGN at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A

2010年04月08日

夜用CoBo

ある日届いたそのメールには、件名がありませんでした。

普段なら、そういうメールは警戒して開かない場合が多いのですが、その時は何かが違った気がしたので、恐る恐る開けてみました。

そこには、たった一行。

「夜でも使える筆談具を作ってください。」

それだけでした。まったくどなただか分りません。
かつてご注文をいただいた方なのか、そうではないのか。。。

技術的なことはメーカーに問い合わせてみないと分からないことではあります。
がしかし、筆談を必要とされる方は、確かに明かりのない場所でも必要とするし、もしかしたら日頃は筆談を必要としない人でも、そういうシチュエーション、つまり、暗闇で言葉ではないコミュニケーションを必要とする場面もあるのではないでしょうか。

取り急ぎ、お返事を出しました。

続きを読む
posted by AGN at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード

2010年04月07日

ペンを無くさないために

cobo25.jpg

CoBo
を利用している方から、写真が送られてきました。

CoBoをひっくり返すと、本体の両サイドに小さな穴が開いています。これは、ストラップをつけることを考えて開けてあります。

その穴に、

「百円ショップで買ってきたクルクルコードと
ペンをつなげて、ペンの紛失防止に使っています」

とのことです。

写真を送ってくださってありがとうございました!
posted by AGN at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | つかい方

2010年04月06日

世田谷区

昨年春、「世田谷区保健福祉部障害施策推進課」主事の方からお電話を頂きました。

携帯筆談器コミュニケーションボードを、区の福祉関係の出先窓口に設置したい、とのことでした。

最近よく行政の方からご注文はあるのですが、驚いたのはその数、
それが、なんと51個なんです!!

そんなに多く設置されるなんて、他の行政では今までなかったので、どういういきさつなのかが、気になりました。

そこで、納品が終わってしばらくしてから、世田谷区までインタビューに行きました。

もちろん、事前にアポイントメントをとり、質問内容をファクシミリで送り、怪しい者ではないことを知って頂いたうえで・・・

保健福祉部障害施策推進課長さんはじめ、3名で応対をして頂き、お話を伺うことができました。

続きを読む
posted by AGN at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共の窓口

2010年04月05日

ワコール

企業の方からご注文の場合、まずお電話で確認をされることがとても多いのです。
CoBoは、インターネット販売してしていませんから、どんな所なのか、確認の意味もあってだと思います。

「御社の商品、携帯筆談器コミュニケーションボードを12台購入したいと思うんですけどねぇ、見積をもらえますか?」

大阪の淀川にある「ワコール」の担当者、T様からのお電話は、此方に対して何の不信も警戒もない、さわやかに明るい男性の第一声でありました。

なんとも、珍しいパターンでした。


続きを読む
posted by AGN at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業

2010年04月04日

涙の返品

5月にご注文を頂いたFさんは、とても急いでいるらしくて、エクスパックで日時指定までされていました。

エクスパックは速達扱いなので、郵便ポストに投函すれば、翌日には到着するすぐれものなので、指定の二日前にFAXでのご注文でしたから、早速配送をいたしました。

・・・そして、しばらくしてFさんからお電話がありました。

「使う者がなくなってしまったので・・・返品はできるでしょうか?・・・」

とっさに「言葉」って出ないものです。
どうにか、もちろん返品は可能ですから送料だけご負担下さい、との返事をしました。

そして、7月。Fさんからご丁寧なメールが送られてきて、私は暫く涙が止まりませんでした。

続きを読む
posted by AGN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード

2010年04月02日

その後のCoboの物語

cobo03.jpg
阿波グローカルネットが企画・開発した

「携帯筆談器コミュニケーションボード」

愛称CoBoの意外な使われ方や、利用されている方からとの交流などエピソード集をアップしていきます。
posted by AGN at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード

2010年04月01日

商品の発送について

「携帯筆談器コミュニケーションボード」はご注文を頂いたら、出来るだけ早くお届けしようと努力をしておりますが、最近とても多くの方からご注文を頂くようになってから、発送作業に時間がかかるようになりました。

また、事務局出張の際には少しお時間を頂くこともあります。
ヤマトメール便でお届けする際には、約1週間以内にはお届けできるように、今後とも努力してまいります。

なにとぞ、ご理解の程をお願いいたします。
posted by AGN at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ