2011年02月17日

人工内耳友の会

外出中は、事務所への電話を携帯電話に転送しています。
ある日その携帯に、「代理の者なんですけれども・・・」と
かかってきたのは、人工内耳友の会、四国と徳島の会長を務められている方の
妹さんからでした。

夕方に事務所にわざわざ訪ねて下さりお会いしたその方は、人工内耳歴20年、というとてもバイタリティ溢れる女性でした。
電話ではやはり、聞こえづらく妹さんに電話を頼んだのだけれども、きちんと合ってお話がしたいということで来て下さいました。

携帯筆談器コミュニケーションボード〔CoBo〕については、以前東京の事務局の方から「ACITA」の会報誌に掲載して下さったことがあり、「金沢の会員さんから、この事務所が徳島にある、と教えられて飛んできた」とのことです。

近いうちに、東京で会議があるので、会員の皆様にお勧めできる商品として、CoBoの宣伝をして下さるというお申し出をして下さったのです。

オレンジとグレーのCoboとチラシを数枚託すことにしました。また、四国大会や全国大会がありましたら、出来るだけご協力をさせて頂くことをお約束させて頂きました。
人工内耳友の会四国・徳島の会長さん、ご訪問頂きまして有り難うございました。

また会長さんは、CoBoの生みの親である「徳島ナシ〔難聴者と支援者〕の会」の会長さんにも数日後にお会いするらしく、いろんなところでCoBoが取り持つ御縁の広がりを感じます。

きっと私達の知らないところで、今も人伝にCoBoがいろんな動きをしていると思うんですね。
その証拠に、今までまったく注文のこなかった地域からの注文が増えています。
静かにCoBoブームは、続いています・・・。
posted by AGN at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43467323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック