2010年07月23日

鳴門市役所に寄贈されたCoBo

なんといことでしょう!!
TVニュースで知ったのですが、、、
http://www.news24.jp:80/nnn/news8671462.html

鳴門市で「日曜青空市」を開催している方々が、35周年を記念して鳴門市へ「携帯筆談器コミュニケーションボード」〔愛称:CoBo〕20台を寄付をされました。

ニュース解説にもありましたが、それまでには筆談を必要とする方とは、メモ用紙を使っていたのですが、それでは記録が残ってしまうということが不評だったそうで、この筆談器の便利さを強調して下さってました。

寄贈された20台は、鳴門市の窓口や市バスなどに設置されるようです。

「CoBo」の必要性を知って頂ける人が、応援してくれる人が、自ら動いて下さるなんて。

あぁ、本当に嬉しく思います。感謝します。

CoBoの生みの親である、「オレンジナース」さんが啓もうしている、「耳マーク」と一緒に、どんどん活躍していって欲しいと思います。

ニュースでの解説は、、、
続きを読む
posted by AGN at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共の窓口

2010年05月02日

耳マーク

公共の案内窓口にある、「耳マーク」ってご存知でしょうか?
徳島市では、行政窓口、郵便局や銀行、バスなどにはだいたい置いてあります。
このマークがあると、窓口で「聴こえ」の不自由な方へ援助に応じる用意があることを示しています。

「聴こえ」の障害はまわりの人からは判りにくい障害です。

まったく聞こえないわけではなくても、大切なキーワードを聞き違えたり、聞こえなかったりでトラブルや誤解などがおこりやすくなる窓口では、サービスの提供する側に丁寧な配慮が必要です。

または、「聴こえが不自由」な方は、そのマークを提示することで、耳が不自由であることを自己表示し、何らかの援助を必要とすることを示します。

詳しくは、
社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会
http://www.zennancho.or.jp/special/mimimark.html#mimi_07
をご覧いただくと、「耳マーク」の利用申請や方法が分かります。


 続きを読む
posted by AGN at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共の窓口

2010年05月01日

高知県社会福祉協議会

いくつかの社会福祉協議会の窓口用に、CoBoを置いてもらっていることもありますが、今回は少し違いました。

高知県社会福祉協議会、福祉機器の展示スペース担当者の方からお電話を頂きました。

「今、窓口に土佐市からいらっしゃった方がいるんですが、CoBoが欲しいということです。」

その方は、CoBoのパンフレットを持ってきているのですが、「聴こえ」が悪く電話ができないし、FAXも壊れているので、代わりに注文をして欲しい、ということのようなのです。

そういうことが、たまにあります。以前にも  続きを読む
posted by AGN at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共の窓口

ビジネスホテル

アクセス阿波というビジネスホテルから、ご注文がありました。

そして、数日たってから、お電話がありました。

「耳のマークを置きたいのてすけど、どのような手続きがあるのでしょうか?」

「耳マーク」とは、聴こえの不自由な方が、公共の窓口で不便な思いをしないように配慮されるシルシとして、掲示されるマークです。
詳しくは、CoBoの生みの親である難聴の看護師さんが現在活動されている「徳島県難聴者と支援者の会・ナシの会」のサイトをご覧ください。
http://www.antenashikoku.com/

とにかく、私達のCoboとは続きを読む
posted by AGN at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共の窓口

2010年04月06日

世田谷区

昨年春、「世田谷区保健福祉部障害施策推進課」主事の方からお電話を頂きました。

携帯筆談器コミュニケーションボードを、区の福祉関係の出先窓口に設置したい、とのことでした。

最近よく行政の方からご注文はあるのですが、驚いたのはその数、
それが、なんと51個なんです!!

そんなに多く設置されるなんて、他の行政では今までなかったので、どういういきさつなのかが、気になりました。

そこで、納品が終わってしばらくしてから、世田谷区までインタビューに行きました。

もちろん、事前にアポイントメントをとり、質問内容をファクシミリで送り、怪しい者ではないことを知って頂いたうえで・・・

保健福祉部障害施策推進課長さんはじめ、3名で応対をして頂き、お話を伺うことができました。

続きを読む
posted by AGN at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共の窓口